自分が生かされ、今ここにいるわけ   ホライズン・スピリチュアル・ケア研究所

新着情報

●「ワークショップのご案内」に、2015年度のホライズン・ワークショップとスピリチュアルケア講座のお知らせを掲載しました。


私たちの願い

人は、身体が悪くなると医師を訪ねます。
何かを学びたい時には、学校、塾、講座に通います。
人間関係が悪くなり苦しくなったら、カウンセラーに相談します。
しかしなぜ自分は生きているのか、なぜこんな環境に生まれたかなど、生き方に対する問いを持っていく場はありません。

人間には、このように身体のレベル、知的レベル、心理のレベルと同様にスピリチュアル(霊的な)レベルがあります。そのために、人間は身体や心理と同様にスピリチュアル(霊的な)ケアを受ける権利があります。

医療、社会福祉、教育、産業、家庭生活の場面において、その対象となる人々にスピリチュアル(霊的な)ケアを提供することは、全人的(トータルな)ケアを目的とする限り、必要不可欠なものです。

私たちはこの思想が、社会の隅ずみに普及することを願っています。


願いを実現するために

1 広くスピリチュアル・ケアの思想普及のための研修講演活動。
2 健康な人のスピリチュアルな痛みに応えるカウンセリングとワークショップ。
3 スピリチュアル・ケア思想の種まきとしての、看護学生のための人間関係論合宿。
4 個人の成長のための、コミュニケーションを体験的に学ぶワークショップ。
5 スピリチュアル・ケアの理論とケアの実際を系統的に学ぶ講座。
6 自らの課題を明確にし、解決に取り組むワークショップ。
7 家族内のスムーズで愛情豊かなコミュニケーションのあり方を学ぶワークショップ。
8 近親者に死別した子供のためのキャンプ。